障害児(者)療育支援事業

 在宅の重症心身障害児(者)、知的障害児(者)、身体障害児の方々の地域での生活を支えるため、いろいろなご相談をお受けする事業です。広島県と三次市からの委託事業で、利用は無料です。

【スタッフ】

相談支援専門員(社会福祉士)、臨床心理士、医師、歯科医師、看護師、管理栄養士、保育士、児童指導員など

【事業内容】

発達外来(外来療育指導事業)
 発達に課題のあるお子さん等に、臨床心理士が言語指導や療育指導を行います。また、兄弟でお越しの場合、指導中に保育士等が保育を行います。

訪問療育指導事業
 ご家庭を訪問して、療育や介護の助言・指導や、病院を受診することが困難な方に対して健康診査を行います。

施設支援指導事業
 保育所や作業所などの施設職員を対象に、療育に関する助言・指導を行います。

障害者相談支援事業
 相談支援専門員(社会福祉士)が、福祉サービスの利用や権利擁護や専門機関の紹介などの相談をお受けして、支援を行います。(三次市からの委託事業です。)